本当の友達(親友)とは・・・

僕には中学1年の時からずっと仲のいい友達(以後K君と略)がいます。
中学卒業後、お互い違う高校に入ったものの今年で21歳になりますが
今でも連絡を取り合ったり、僕が実家に帰れば朝まで笑って遊んでる様な仲です。

お互い高校生の時にそのK君が学校に全く行かなくなってしまいました。
忘れもしません。高校2年になったばかりの春の出来事です。
僕はその事を偶然にも知ってしまい、「どうにかしなきゃいけない」と思いました。
しかし、唐突に「学校へ行け」とも言えませんでした。
ひょっとしたら学校でいぢめにあってるのかもしれない。そう思ったからです

だから、僕はK君に「なんで学校へ行かないの?」と伺いました。
正直、聞いた時は絶対いぢめられてると思ってたので覚悟をしていましたが
K君の返事は予想にもしていない一言でした。

「・・・めんどくさい」

僕はそれを聞いて違う意味で衝撃を受けました。
予想にもしてなかった一言。
でも、僕にはそれが本当の意味だとは思っていませんでした。

「絶対何か隠してる」と思っていました。
けど、何回聞いても「めんどくさい」それだけしか帰ってきませんでした。

そして、僕が3年に上がった頃にはK君は高校を退学してしまいました・・・。
過ぎてしまったことはもう仕方ないと思いましたが、
僕が何より怖かったのがK君が人と関わる機会をなくす。と言う事です
K君は人見知りが激しく初対面の人には絶対話しかけには行きません。
そんな性格を知っていたからこそ怖かったのです。

僕が高校3年の1学期の間にはK君は引き篭もってしまい、電話にも出なくなりました。
読んでる人には「お前何様だよ」とか思われるかもしれませんが、
正直、自分の力不足だとショックを受けたのを覚えてます。

高校を卒業し、僕は実家を離れて彼女と一緒に暮らす事にしました。
正直な気持ちその時をずっと待ち遠しく思ってたので、凄く楽しみでした。

しかし、実家を離れる前に1つやっておきたい事がありました。
K君にその事実を知らせる事・・・。
殆んど「今日も電話には出てくれないだろう・・・。」と言う気持ちでK君に電話を
したら、お兄さんが電話にでました。
僕はお兄さんに実家を離れ、別の市で暮らす事になったので最後にK君と話ができれば・・・。と正直に伝えました。

そうしたら、お兄さんはK君を無理矢理電話に出してくれました。
K君に事実を話すと、K君はビックリしたのか黙り込んでしまいました

先に言葉をかけたのは僕で「今から会えないだろうか?」と切り出しました
K君は戸惑いながらも「わかった」と答えてくれ、その事が僕にはどんだけ嬉しかった事か・・・。

それ以来K君はちょくちょく外にも出る様になり、
僕の引越し先にも遊びにきてくれました。

現在では大検を取り大学1年生としてがんばっています。
僕も負けられないと思い、専門学校へ入学しました。

K君と今でも友達でいられ、新鮮に感じるのは「久しぶりだから」と言うだけではなく
あの時、2人共本気で話しして、一緒に悩んでこれたからだと思っています。
僕はK君と会って沢山考えさせられました。
正直、腹が立つ事だって何度もありました・・・。

けど、僕は今でも思います
「K君と出会え、友達になれて本当によかった」

・・・皆さんが思う本当の友達(親友)とはなんですか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック