彼女の存在

彼女と喧嘩しちゃったよ・・・。

あいつ泣いてるのかなー・・・。

あいつを置いて俺が1人で東京に来たのが悪いんだけどね。

俺は、あいつに助けてもらってばかりだった。
高校の時に学校から「久々の問題児だよ!お前は」って言われた
頃に付き合って、それからは彼女を泣かせない様にがんばってきたし
ここまで立ち直ったのだって彼女の存在があったからこそだと思う。

去年両親が離婚して、俺は生まれた時から親父には浮気相手がいて
それを知った俺は何もやる気がおきないで本当にタダ何もせずに毎日
生きてる時。彼女は「私が側にいるから」って言ってくれた一言が本当に
嬉しくて、泣いてしまった・・・。

本当に俺は助けられっぱなしだ・・・。

俺はそんなあいつを本当に幸せにしてやりたいと思う
将来だって、結婚したいと思ってるし、裕福とは言えなくても
一般家庭よりは少しでも裕福にしてやりたいと思う

だから、一応医療学校にも通って全てはあいつの恩返しに繋がれば
と思って頑張ってきてる。

俺は、なんなんだろうか・・・。
俺の存在ってなんなんだろうか・・・。

親には信用されない人生を送ってきて、
自分は彼女を悲しませて・・・。

最低だな。
俺って言う存在(人間)は・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック